5月 9

デリヘルで行われている写真加工技術を知る

実際に行われている加工がどのようなものかを知ることも大事です。

photoshop写真加工事例

Photoshopで写真加工ができると言われても、実際どの程度の加工ができるのか大半の人は分からないと思いますし、知っていても実感はないと思います。敵を倒すにはまず敵を知れです。
Photoshopでどこまでの加工ができるのかは様々なビフォアーアフターの事例を見てみるのが一番手っ取り早く、確実だと思うのでPhotoshopで人がどこまで変わるのかが分かるようなビフォアーアフター例を下記に紹介させていただきます。

photoshopビフォアーアフター事例集

日本一のブサイク芸人」を絶世の美男子にしてしまう超絶技巧フォトレタッチ
http://gigazine.net/news/20100717_photoshop_before_after/
日本一のブサイク芸人と誉れ高いカリカ・家城啓之をPhotoshopを使って美男子にしてしまおうという企画

もう何も信じらんねぇ! 世の中の Photoshop ビフォーアフター画像集
http://rocketnews24.com/2014/08/29/480960/
対象は外人ですがお姉さんからお婆さん、おじいさんまでPhotoshopでどこまで変わることができるのかをビフォアー、アフターで比較することができます。

お姉さんがピザに・・・
https://www.youtube.com/watch?v=Hnvoz91k8hc
もうネタでしかない状態ですが、水着のお姉さんがPhotoshopでピザになってしまいます。どういうことか分からないですよね・・・とりあえず見てください。

フォトショの力で柳原可奈子さんを美少女に変身させるよ。
https://www.youtube.com/watch?v=lOHSNbtPXx4
柳原可奈子さんをPhotoshopでスレンダーにしてしまいます。

MADE IN MIMICO
ttp://madeinmimico.com/
こちら、風俗店向けの写真加工専門店のようです。実際の加工具合を確認することができます。実際の加工により近いサンプルが見れるから参考になります。

画像修正サービス
http://fuuzoku-koukoku.com/retouch/results.html
こちらも風俗店向けの写真加工会社、ケースバイケースでビフォアーアフターをスライド操作で比較できるようにしています。どんな加工ができるのか非常に分かりやすいです。

5月 9

写真の内容からパネマジを暴く

写真加工も完璧なものではありません、必ず加工の痕跡が残るものです。

写真加工の痕跡からパネマジを暴く

写真加工されているとは言え、加工には必ず痕跡が残ります。また写真加工はプロが行っているケースもありますが店員が直接編集しているケースもあり、コツを掴めば店員が直接編集しているレベルのものであれば暴くことができるようになります。

白飛びしている写真は怪しい

写真が妙に白っぽいなと感じたら、その子は選ばない方が無難です。Photoshop等の画像ソフトで修正されている可能性が高いです。
 また肌が妙に綺麗な子も基本的に画像ソフトで編集してあると疑った方がよいでしょう。もしデリヘルサイト上で女の子のレベルがむちゃくちゃ高いなと感じたら、99%そのお店は写真を加工していると考えて間違えないでしょう。そもそも10人が10人ともハイレベルなお店なんて存在していないのです。

被写体の周辺に歪みがある

写真加工をしているお店の全てがPhotoshopのプロに写真加工を依頼している訳ではありません。予算の厳しいお店は自力でPhotoshopを勉強してなんとかかんとか加工しているお店も多いのが実情です。こういった素人に毛が生えたレベルの店員が加工した画像であれば、加工した背景の周辺が若干歪んでいるなどといったケースがあります。

5月 9

写真以外の画像・動画を使ってパネマジを暴く

そもそも写真を加工されているのであれば、写真以外のものを見て判断すればいいという方法です。

チャット、動画、写メ日記から暴く

現在のデリヘルサイトにはプロフィール以外にも女の子を知ることが出来る手段が多く掲載されています。チャット、動画、写メ日記は加工が難しく、加工された写真では知ることの出来ない女の子の情報を収集し判断することができます。

チャットを利用する

デリヘルのお店によってはライブチャットを使って、女の子が集客をしているところがあります。顔を全部出していないケースも多いですが、ライブチャットは修正のしようがないメディアなので、女の子のスタイルや声の雰囲気、見える部分での顔のパーツで少なくとも自分の好みかどうかレベルまでは判断することができます。

動画を確認する

大手チェーン系のデリヘル店等では女の子の動画を掲載しているサイトも少なくありません。動画はライブチャット同様修正が効かないため、素顔までは見ることができなくても体系や雰囲気は確認することができます。また動画を掲載している時点でお店が自信を持って提供できる子であることがわかるので安心です。
 ただし、動画を掲載している子は基本的に人気であることが多いので事前に予約しておかないと指名するのは難しいかもしれません。

写メ日記を確認する

多くのデリヘルサイトで掲載されている写メ日記。写メ日記はリアルタイム性が高く数も多いことから、ここの画像を弄ることは難しく、ほとんどの写メ日記はそのままズバリ加工なしの写真だと思って間違いない。
 ただし、最近はスマホにも簡単な写真加工アプリなどが搭載されているから、簡易的なレベルでの加工は覚悟するしかない。また撮影確度やポーズなどを工夫することによって奇跡の1枚を量産できる子も最近は多いのでその辺は覚悟の上で写真をじっくり検証しよう。

5月 9

デリヘルの店員やサービス内容でパネマジを暴く

デリヘルの悪質なパネルマジックの暴き方は大きく分けて2つあります。1つはデリヘル店のサービス内容や料金体系、店員との交渉、お店の利用方法などで暴くローカル手法。

料金、店員、利用方法から暴く

悪質な写真加工をするお店には、そうしなければならない理由があります。デリヘルのビジネスの原理を知れば自ずとどうすれば写真加工に騙されないで済むかが見えてきます。

安すぎる料金に釣られない

安価な料金設定をしているデリヘルは、女の子の募集費用をかけることが出来ないため採用基準が甘い傾向にあります。また女の子の教育にも力を注いでいないですし、当たり前ですが料金が低い店の子は取り分も少なく、それでも他の店に移れないというのは、その店でしか置いてもらえないからなのです。
結果として安すぎるお店には容姿が良くない子しか集まらず、容姿の良くない子しか残らずで、写真を綺麗に加工してお客さんを騙し騙し安さに釣られてやってくる新規顧客を当てにしている状態なのです。
ですから市場価格より安いデリヘルは基本的に辞めておいた方がよいでしょう。基準は60分15000円以下がNGラインと思ってください。

店員のお勧めに乗らない

店員は誰の味方かと言うと、1番がオーナー、2番目が所属の女の子、3番目がお客さんです。
オーナーの要望は売上を上げること
女の子の要望は指名が入ること
です。

特に店員はできることならまんべんなく女の子に指名を付けてあげたいと考えます。当然ですよね。指名が入らなければ女の子は待ちぼうけを食らうわけですから。待ちぼうけが多くなれば給与も出ないし、機嫌も悪くなるわけです。

そんな訳で、店員に「おすすめは?」と聞けば今日、もしくは最近あまり指名が入っていない子を薦めてくるわけです。店員に聞くのは、女の子の特徴を聞くくらいです。最終判断はあなた自身がしなければいけません。

店の常連になる

当たり前過ぎる話しですが、店の常連になり、本人を見れば当たりかハズレかは既に分かっているわけです。あなたが毎回新しい子でなければ嫌だというタイプでない限りできるだけ同じ店で遊び、当たりの子を一人ずつ開拓していくことが最も確実な方法です。
またお店の店員も常連に対しては容姿が悪い子を薦めにくいのも事実です。